博物馆

博物馆博物館について

博物馆信息

关于博物馆

潜水艦B-396「ノボシビルスクコムソモレツ」をご案内いたします。

ディーゼル電気潜水艦B-396「ノボシビルスクコムソモレツ」は、プロジェクト641B(暗号名「ソム(ナマズ)」)、NATO(北大西洋条約機構)では「タンゴ」に分類された、第二世代の潜水艦です。1960年代後半から1970年代初めにレニングラード(現在サンクトペテルブルク)にある「ルビー」という中央設計局で設計されました。

2006年7月26日に、モスクワ郊外でヒムキ貯水池近くの「セベルツシノ」という公園にある海軍博物館に設置されました。

潜水艦は1979年にニジニ・ノヴゴロド市(当時の市名ゴーリキー市)にある「クラスノエ・ソルモヴォ」という工場で起工され、1980年5月17日に進水しました。最終テストはセヴァストポリ市で行われました。

1980年10月24日に北方艦隊に配属され、ポリャールヌイのエカテリニンスカヤ港に配備されました。

ノボシビルスクのコムソモール(共産党青年同盟)により1984年5月1日には、名誉称号「ノボシビルスクコムソモレツ」が授けられました。

1980年から1998年まで、北方艦隊の潜水艦群の第四艦隊に所属していました。潜水艦の乗組員達は、愛情を込めて第四艦隊を「熱狂の艦隊」とか「暗黒の艦隊」と呼びました。なぜなら、乗組員は熱狂なリズムで激しく働き、一方でとてつもない苦労していたからです。

「草臥れた潜水艦」という曲はその第四艦隊の為に作られました。「・・・・君しか知らない、いつ潜水艦が海底から帰還するかを」。第四艦隊は、長年に渡り世界の海にコンベアのようにとても正確に潜水艦を送り出し続けました。同時に10隻の潜水艦が航海任務につき、10隻の潜水艦は次の任務の準備をし、また帰還した10隻の潜水艦は保守点検をしています。

1980年から1998年にかけて、潜水艦はアフリカの西海岸、南北大西洋、または地中海でNATO(北大西洋条約機構)の潜水艦を偵察する任務を実行しました。バレンツ海とノルウェー海では国境の哨戒活動を行いました。

1986年、それは海峡における艦隊で最高の潜水艦として知られました。

1998年に、潜水艦Bー396は退役し、ロシア海軍から除籍されました。

2000年、セベロドビンスクの「セヴマシュ(北部機械建造会社)」という工場で、モスクワ政府の委託を受け、この潜水艦を記念博物館に改装する工事が始められました。2003年に、厳粛な雰囲気で壮行会が催され、セヴェロドヴィンスクからモスクワまでの最後の航海に出発しました。白海、白海-バルト海運河、オネガ湖、ヴォルガ・バルト運河、ルイビンスク貯水池、そしてモスクワ運河を通り、モスクワに到着しました。現在の恒久錨地は、ヒムキ貯水池の北部にある「セベルツシノ」という公園にある海軍博物館です。潜水艦の改装と輸送には8600万ルーブル(約2億8670万米ドル)が費やされました。

潜水艦の主な仕様:

大きさ:全長90.2メートル、幅8.6メートル

速度(水上)13ノット(24 km / h)

速度(水中)15ノット(27.8 km /時)

最大潜水深度300メートル

無補給航続期間: 80日間

乗組員: 17人の士官を含む78人

 

一般的な情報

見学の順序は第1区画から第7区画まで、つまり、船首から船尾まで(潜水艦の後部で、スクリューが位置するところ)までです。

ディーゼル潜水艦の目的:

- 敵の沿岸にある戦略的な目標を通常魚雷または核魚雷で攻撃する。

- 敵の潜水艦との交戦。戦闘は基地の出口、遠征中、対潜水艦の防衛ライン、その他想定する直接交戦のエリアで行う。

- 原子力潜水艦の戦闘支援。

- 海峡や港湾の封鎖。

- 陸軍、空軍の護衛(偵察ならびに敵潜水艦からの防衛)または戦闘の支援。

- 敵の軍艦や輸送船への攻撃。

- 機雷の設置。

- 戦術および運用上の偵察。

- 敵が位置する海岸の偵察、ならびに陽動作戦。

潜水艦は非耐圧構造の外殻と耐圧構造の内殻の二層からなる二重船体構造となってます。どちらも、特に特別な鋼で作られており、外殻には潜水艦が水中で航行するときに騒音を吸収する特殊なゴムコーティングが施されています。潜水艦が低騒音モードという電気推進モーターで航行するとき、それを発見することは極めて困難です。その性質のおかげで、「海の中のブラックホール」とも呼ばれています。

潜航中では、外殻と内殻の間はすべて海水で満たされます。

潜水艦の外観を見ると、船首に水平舵、アンカー(可動式爪付き錨)、排気口(エキゾーストマニホールド)が見えます。船尾には船内の操舵輪につながる水平舵と方向舵、そして3本のスクリューがあります。その上部には、緊急脱出装置を備えたレスキュー・カプセルがあります。

上部デッキには艦橋がありそこには各種の可動式装置が設置されてます。艦橋の内側に外殻の一部分である外殻キャビン、水上状況で潜水艦を管理するフライングブリッジ、そして外部の情報を得るために設計されたさまざまな装置があります。艦橋最前部には、潜航状態で攻撃を実行するための潜望鏡があり、その真後ろに対航空機用潜望鏡があります。次に、水中でエンジンを動作させるための黒い装置があります。この装置により、潜望鏡深度で潜水艦のディーゼルエンジンを作動させるための空気を取り入れます。次に、各種レーダーアンテナがあり、それらは海上と空中の標的を探索するために使用されるもの、また海上航行ナビゲーション用のものがあり、左側には格子型の方向探索アンテナ、右側には電波偵察システムの収納型アンテナ、その横に、レーダ探知用のシステムがあります。

艦上デッキには灯火があり、船首と船尾には白いもの、艦橋の上には、右舷に緑色、左舷に赤色のものがあります。

船首にはロシア海軍旗が、船尾にはロシア海軍の聖アンデレ十字の旗が揚げられています。

潜水艦の乗組員は、戦闘ユニットに分かれています。この潜水艦には4つの戦闘ユニットがありました。第一戦闘ユニットは航行を担当し、第三戦闘ユニットは機雷と魚雷を担当し、第四戦闘ユニットは通信を、第五ユニットは電気機械を管理しました。尚、ミサイル武器をコントロールする第二戦闘ユニットはこの潜水艦にはありません。

各区画の割り当て:

第1区画は魚雷区画です。

第2区画は蓄電池と居住区です。

第3区画は司令所です。

第4区画は蓄電池と居住区です。

第5区画はディーゼルエンジン室です。

第6番区画は電気推進モーター室です。

第七区画は船尾で、居住区です。

潜水艦が水上に脱出するためハッチが装備されている区画は、避難区画と呼ばれています。この潜水艦では、第1、第3、第7区画です。

计划您的访问

  • Музей ВМФ, 56, улица Свободы, район Южное Тушино, Северо-Западный административный округ, Москва, ЦФО, 125364, 俄罗斯
  • 今天:
    09:00 - 17:00
    星期一
    关闭
    星期二
    11:00 - 19:00
    星期三
    11:00 - 19:00
    星期四
    13:00 - 21:00
    星期五
    11:00 - 19:00
    星期六
    11:00 - 19:00
    星期日
    11:00 - 19:00
    显示所有营业时间
  • http://mosparks.ru/

评论

7 评论

审查该游览
A minimum rating of 1 star is required.
Please fill in your name.
  • Константин и Алексей

    5 out of 5 rating 07-21-2019

    Очень понравилось! Жаль что не было возможности послушать во время нахождения в лодке.

  • Ewerest82

    5 out of 5 rating 09-06-2018

    Просто супер !

  • wilmy

    5 out of 5 rating 07-08-2018

    excelente

  • Nino

    5 out of 5 rating 06-19-2018

    Lugar interesante, gracias por la actuación de voz española

  • Леонид

    5 out of 5 rating 05-24-2018

    Хорошее, (тёплое) и красивое место для тихой познавательной прогулки с детьми.

创建您自己的音频之旅!

使用此系统的移动导游应用是免费的

开始

App preview on iOS, Android and Windows Phone